地域を活かす遺跡と博物館

青木豊, 鷹野光行 編

高度経済成長期以後、各地で急増した遺跡博物館。その現状と課題を整理し、いま求められる遺跡保存や活用の在り方、教育効果について考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 遺跡博物館の概念-法制度・保護思想の変遷と風土記の丘
  • 第2章 日本人が見た海外の遺跡博物館:site museum
  • 第3章 遺跡博物館の出現の背景
  • 第4章 遺跡博物館における覆屋展示
  • 第5章 中国西安における遺跡の保存と博物館
  • 第6章 香港における遺跡博物館
  • 第7章 遺跡の保存整備と遺跡博物館の歴史
  • 第8章 遺跡博物館のこれから
  • 附表 全国の主要遺跡博物館一覧

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地域を活かす遺跡と博物館
著作者等 青木 豊
鷹野 光行
書名ヨミ チイキ オ イカス イセキ ト ハクブツカン : イセキ ハクブツカン ノ イマ
書名別名 遺跡博物館のいま
出版元 同成社
刊行年月 2015.9
ページ数 292p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-88621-702-8
NCID BB19557630
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22646370
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想