気象庁物語

古川武彦 著

1875年、虎ノ門の高台に誕生した東京気象台は、戦争や災害のたびに技術革新を行い、現在の気象庁へと成長した。日露戦争の命運を決する「天気晴朗ナルモ波高カルベシ」の電報、太平洋戦争期に軍部と争った気象観測の主導権、青函連絡船洞爺丸を襲った台風、富士山レーダーの建設とアメダスの導入、そして昨今の異常気象-。技術者たちで構成され、科学の進歩とともに歩んできた「戦う技術官庁」の足跡を辿る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 東京気象台の創設
  • 第2章 日露戦争と室戸台風
  • 第3章 太平洋戦争
  • 第4章 海は荒れて
  • 第5章 コンピュータ時代の到来
  • 第6章 地震・津波・火山
  • 第7章 気象衛星「ひまわり」の打ち上げ
  • 第8章 今日の気象サービス
  • 第9章 地球温暖化、異常気象

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 気象庁物語
著作者等 古川 武彦
書名ヨミ キショウチョウ モノガタリ : テンキ ヨホウ カラ ジシン ツナミ カザン マデ
書名別名 天気予報から地震・津波・火山まで
シリーズ名 中公新書 2340
出版元 中央公論新社
刊行年月 2015.9
ページ数 180p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102340-7
NCID BB19549734
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22649088
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想