人を育てよ

丹羽宇一郎 著

国力とは、人の力の総和である。人を育てない国は、やがて滅びる。歯を食いしばって教育に投資した、戦後の日本を思い出せ-。前伊藤忠商事会長、前中国大使が説く、家庭・学校・会社、三位一体の教育改革。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 五〇年後の世界を見据えて(人口一〇〇億人の世界で出てくる、二つの問題
  • 世界で"争奪戦"が起きるタイミング ほか)
  • 第1章 家庭でしか教えられないこと-国の礎は親の教育が作る(「アリ」の時代が基礎を作る
  • お尻を叩け ほか)
  • 第2章 教育「格差」社会-若者に平等にチャンスを与えるには(いつから日本は教育後進国になったのか?
  • 教科書が萎縮している? ほか)
  • 第3章 エリートも中間層も没落-人への投資を怠った企業は滅びる(「持てる者」と「持たざる者」
  • 「ジャパン・ブランド」を支えた中間層 ほか)
  • 第4章 教育で作り出す「日本の生きる道」-世界で日本が果たすべき役割(観光と農業が日本の生きる道
  • 農業がもたらす環境破壊の実態 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人を育てよ
著作者等 丹羽 宇一郎
書名ヨミ ヒト オ ソダテヨ : ニホン オ スクウ ユイイツ ノ ショホウセン
書名別名 日本を救う、唯一の処方箋
シリーズ名 朝日新書 532
出版元 朝日新聞
刊行年月 2015.9
ページ数 215p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273632-1
NCID BB19542702
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22643692
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想