原発訴訟が社会を変える

河合弘之 著

ビジネス弁護士として、バブル期に数々の大型経済事件を手掛けた著者が、原発訴訟でも徹底して勝敗にこだわり、ついに高浜原発三・四号機の運転差し止め訴訟で画期的勝利を収めた。その法廷戦術や訴訟の舞台裏を初公開する。さらに、脱原発を実現するために著者自ら監督・製作した映画『日本と原発』の重要シーンや製作秘話についても解説。日本からすべての原発をなくすための闘いの記録であり、原発推進派の巧妙な手口に対抗するための強力なツールとなる!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 原発事故で「裁判所」が変わった(四月一四日は「原発運転禁止」記念日
  • 関西圏壊滅の「最悪シナリオ」を回避せよ ほか)
  • 第2章 なぜ「脱原発」にこだわるのか(最初に「弁護士」が変わった
  • そして「裁判官」も変わった ほか)
  • 第3章 映画を通して原発と闘うための「武器」を配りたい(なぜ弁護士が脱原発映画をつくったのか?
  • 映画の重要なシーン ほか)
  • 第4章 司法の場で「脱原発」を勝ち取る(福島原発事故の「刑事責任」
  • 被害者の「希望」となった検察審査会 ほか)
  • 第5章 「脱原発」のためにできること(自分にできることは何か?
  • 「日米原子力協定を破棄しないと脱原発できない」という嘘 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原発訴訟が社会を変える
著作者等 河合 弘之
書名ヨミ ゲンパツ ソショウ ガ シャカイ オ カエル
シリーズ名 集英社新書 0802
出版元 集英社
刊行年月 2015.9
ページ数 216p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720802-3
NCID BB19528530
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22651401
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想