春画入門

車浮代 著

大英博物館で記録的な成功を収め、先に世界を驚かせた春画展がついに日本へ。浮世絵、春画の基本の「き」を、小説『蔦重の教え』の著者であり江戸料理の研究家が、易しく面白く解説する決定版入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 浮世絵の発祥(浮世絵の「浮世」は流行語だった
  • 「浮世絵」は肉筆画から始まった ほか)
  • 第2章 浮世絵の技法と役割(「紙屑絵師」と呼ばれた浮世絵師たち
  • 肉筆浮世絵の達人たち ほか)
  • 第3章 名作春画を描いた浮世絵師たち(初期の肉筆春画はストーリー仕立てだった
  • 菱川師宣による木版春画の始まり ほか)
  • 第4章 春画のさまざま(表舞台と裏舞台、微妙に違う浮世絵師のラインナップ
  • 春画鑑賞のポイントその一-ヒト ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 春画入門
著作者等 車 浮代
書名ヨミ シュンガ ニュウモン
シリーズ名 文春新書 1044
出版元 文藝春秋
刊行年月 2015.9
ページ数 191p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-661044-0
NCID BB19525860
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22650416
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想