認知行動療法の新しい潮流  2

ウィンディ・ドライデン 編

[目次]

  • 第1部 行動活性化の理論的特徴(特徴的な歴史
  • 人間の行動についての特徴的な定義
  • 特徴的な専門用語
  • 特徴的な理念と理論
  • 特徴的な行動ABCモデル ほか)
  • 第2部 行動活性化の実践的特徴(特徴的な歴史
  • 初回治療の論理的根拠
  • 活動モニタリング
  • 価値観の評価
  • 単純な活性化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認知行動療法の新しい潮流
著作者等 Busch, Andrew M.
Dryden, Windy
Kanter, Jonathan W.
Rusch, Laura C.
大野 裕
岡本 泰昌
西川 美樹
カンター ジョナサン・W.
ブッシュ アンドリュー・M.
ラッシュ ローラ・C.
ドライデン ウィンディ
書名ヨミ ニンチ コウドウ リョウホウ ノ アタラシイ チョウリュウ
書名別名 Behavioral Activation

行動活性化

Ninchi kodo ryoho no atarashi choryu
巻冊次 2
出版元 明石書店
刊行年月 2015.8
ページ数 244p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7503-4229-0
NCID BB1951252X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22636262
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
行動活性化 アンドリュー・M・ブッシュ, ジョナサン・W・カンター, ローラ・C・ラッシュ, 大野裕, 岡本泰昌, 西川美樹
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想