性と検閲

園山水郷 著

好きで観ていた映画が研究対象となり、自己と向き合うところから"女性"と"性"というテーマを発見した!「見せるべきではない/見るべきではない」とされたから隠されたのはなぜか。検益の歴史において問題とされてきたのは性表現。映画の検閲はどのような歴史をたどってきたか。「性」はなぜタブーとされるのか。日仏の映画における検閲を取り上げ、徹底検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本の映画検閲制度の始まりとその後の変遷
  • 第2部 フランス映画の検閲の変遷
  • 第3部 女性監督が描く「性」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 性と検閲
著作者等 園山 水郷
書名ヨミ セイ ト ケンエツ : ニホン ト フランス ノ エイガ ケンエツ ト ジョセイ カントク ノ セイヒョウゲン
書名別名 日本とフランスの映画検閲と女性監督の性表現
シリーズ名 えろこれ
出版元 彩流社
刊行年月 2015.8
ページ数 181p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7791-2158-6
NCID BB19511888
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22631234
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想