日本酒の科学

和田美代子 著 ; 高橋俊成 監修

日本酒ほどいろいろな料理に合う酒はない。鍋、ウナギ、焼き鳥、刺身に天ぷら…、中華、洋食、チーズ、そして塩をつまみに。日本酒の歴史は古く、収穫祭にあたる宮中祭祀の新嘗祭では、酒造りの儀式も執り行われるほど伝統を受け継いだ、まさに日本人のための酒なのだ。「甘口」「辛口」の基準とは?「冷や」とは「冷やした酒」のこと?燗酒に合う酒は甘口か辛口か?樽酒が脂っこい料理に適しているのはなぜ?など、日本酒をとことん知り尽くすための一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 日本酒とは?
  • 第1章 酒造りの技
  • 第2章 酒の原材料
  • 第3章 麹と酵母
  • 第4章 伝統技で醸す酒
  • 第5章 ラベルが教えてくれること
  • 第6章 日本酒のバラエティー
  • 第7章 日本酒のおいしい飲み方
  • 第8章 日本酒と健康

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本酒の科学
著作者等 和田 美代子
高橋 俊成
書名ヨミ ニホンシュ ノ カガク : ミズ コメ コウジ ノ デントウ ノ ワザ
書名別名 水・米・麴の伝統の技
シリーズ名 ブルーバックス B-1935
出版元 講談社
刊行年月 2015.9
ページ数 316p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257935-3
NCID BB19508690
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22650653
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想