中国人の頭の中

青樹明子 著

大嫌い、なのに大好き-。徹底した反日教育と、量産される「抗日ドラマ」の洗脳にもかかわらず、日本を訪れた中国人の大半は日本を好きになってしまう。それは、「憎むべき日本」が実在しなかったから。最大規模の反日デモの最中にも、日本食レストランには長蛇の列ができ、日本語学習者は増え続けた。「邪悪な日本兵」のステレオタイプと、安心安全の国への憧れの間で揺れる現代中国人の屈折に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 輝ける日本
  • 2 メディアと中国人
  • 3 「抗日ドラマ」の光と影
  • 4 ごめんなさい、日本が好きになりました
  • 5 安心安全の国
  • 6 日系企業のイメージ
  • 7 正しい日本の伝え方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国人の頭の中
著作者等 青樹 明子
書名ヨミ チュウゴクジン ノ アタマ ノ ナカ
シリーズ名 新潮新書 636
出版元 新潮社
刊行年月 2015.9
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610636-1
NCID BB19500961
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22650276
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想