和辻哲郎-人格から間柄へ

宮川敬之 [著]

『古寺巡礼』の成功で確固たる地位を築いた和辻は、ハイデッガーや西田幾多郎など、同時代の哲学にも相対しつつ、独自の思考を展開する。仏教研究、日本思想史研究、倫理学と、多様かつ豊饒なその思想の本質とは、どのようなものなのか。「人格」と「間柄」、そして「もの」と「こと」を解明の鍵として、「和辻倫理学」形成の現場を跡づけた力作!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 あらかじめ喪われたこどもに(死んで生まれる
  • 「もの」と「こと」
  • 「表現」の変容 ほか)
  • 2 表現としての人格(「人格」の変容
  • 『福音書』と『正法眼蔵』
  • 表現・真理・人格 ほか)
  • 3 人格から間柄へ(西田幾多郎
  • ハイデッガー
  • 「人格と人類性」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 和辻哲郎-人格から間柄へ
著作者等 宮川 敬之
書名ヨミ ワツジ テツロウ ジンカク カラ アイダガラ エ
シリーズ名 再発見日本の哲学 2311
講談社学術文庫 2311
出版元 講談社
刊行年月 2015.9
ページ数 310p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292311-8
NCID BB19495930
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22636673
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想