レイチェル・カーソンはこう考えた

多田満 著

20世紀を代表する偉大な知性、レイチェル・カーソン。環境破壊を警告する嚆矢となった『沈黙の春』や自然を尊ぶ心を育む重要性を説く『センス・オブ・ワンダー』など今なお古びることのないその功績を問いなおす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生命の織りなす多様性
  • 第2章 「おそるべき力」
  • 第3章 環境と生命
  • 第4章 「センス・オブ・ワンダー」の感性に生きる
  • 第5章 地球の倫理
  • 第6章 「べつの道」を考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 レイチェル・カーソンはこう考えた
著作者等 多田 満
書名ヨミ レイチェル カーソン ワ コウ カンガエタ
シリーズ名 ちくまプリマー新書 241
出版元 筑摩書房
刊行年月 2015.9
ページ数 168p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-68945-0
NCID BB19484741
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22633369
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想