ドイツ人はなぜ、1年に150日休んでも仕事が回るのか

熊谷徹 著

有休消化率100%、夏休みは2週間以上…なのに、仕事の成果は日本の1.5倍!ドイツ流「効率のいい」働き方の秘密。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 有休30日、消化率100%…でも仕事が回るドイツの働き方
  • 第2章 休みが多いのにドイツ経済は絶好調!のなぜ?
  • 第3章 日本の1.5倍!ドイツの高い労働生産性の秘密
  • 第4章 アメリカ型資本主義は目指さない!ドイツの「社会的市場経済」
  • 第5章 短い労働時間、高い生産性の一方で…ドイツ流の問題点
  • 第6章 報われる働き方のために-日独"いいとこ取り"のススメ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ人はなぜ、1年に150日休んでも仕事が回るのか
著作者等 熊谷 徹
書名ヨミ ドイツジン ワ ナゼ イチネン ニ ヒャクゴジュウニチ ヤスンデモ シゴト ガ マワル ノカ
書名別名 Doitsujin wa naze ichinen ni hyakugojunichi yasundemo shigoto ga mawaru noka
シリーズ名 青春新書INTELLIGENCE PI-462
出版元 青春出版社
刊行年月 2015.8
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-413-04462-2
NCID BB1946453X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22631356
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想