美しき汚れ

吉本和弘 著

ヴィクトリア朝時代の弁護士アーサー・マンビーと下層階級の女性労働者ハナ・カルウィックとの階級を超えた愛情関係を、写真や日記などの豊富な資料をもとに考察。写真という当時最新のテクノロジーが果たした役割についても論及する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アーサーとハナの物語
  • 第2章 女性労働者の肖像
  • 第3章 「手」の隠喩と労働の記号論
  • 第4章 女性労働者の黒さと男性化
  • 第5章 ハナが観たバイロンの悲劇『サルダナパラス』
  • 第6章 階級・ジェンダーの表象と写真の登場

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美しき汚れ
著作者等 吉本 和弘
書名ヨミ ウツクシキ ヨゴレ : アーサー ・ マンビー ト ヴィクトリアチョウキ ジョセイ ロウドウシャ ノ ヒョウショウ
書名別名 アーサー・マンビーとヴィクトリア朝期女性労働者の表象
出版元 春風社
刊行年月 2015.3
ページ数 263p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86110-442-8
NCID BB19458140
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22630960
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想