音楽祭の戦後史

山本美紀 著

戦後が生み出した"祭り"とその後。戦後民主主義が輝いていた時代に結社やサロンから生まれた音楽祭。大阪万博からバブルに至る大衆社会化のうねりの中で祝祭はいかなる変容を遂げたのか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 自分たちの祭り?
  • 第1章 流浪の民の音楽祭
  • 第2章 音楽祭と大衆文化の間
  • 第3章 冷戦下の音楽祭-フェスティバルの東西対決
  • 第4章 神々の来阪
  • 第5章 祝祭の黄昏-サロンと大衆の分極
  • 第6章 前衛と祭り
  • 第7章 結社と場所の社会学
  • 第8章 祭りの後の祭り
  • 第9章 バブルと音楽祭
  • 終章 グローバルな箱

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽祭の戦後史
著作者等 山本 美紀
書名ヨミ オンガクサイ ノ センゴシ : ケッシャ ト サロン オ メグル モノガタリ
書名別名 結社とサロンをめぐる物語

Ongakusai no sengoshi
出版元 白水社
刊行年月 2015.9
ページ数 247,4p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-560-08459-5
NCID BB19446356
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22638036
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想