恋愛偏愛美術館

西岡文彦 著

純愛、悲愛狂恋、腐れ縁…。芸術家による様々な恋愛、苦悩、葛藤。それらを経て生まれる名作の数々。ピカソはなぜ愛人を次々と作り、ハーレムを構えたのか。ロダンとカミーユの宿命的な愛の行方は。なぜムンクの作品は不安に満ちているのか。それぞれの人生模様、作品が織り成す華麗な物語を、分かりやすく紹介する美術案内。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ピカソ 性の修羅、愛の地獄-死を目前にした自画像が見ていたもの
  • モディリアーニ 悲恋の記念碑-瞳を描かぬ肖像画に画家が託したもの
  • ジェローム 芸術、それは美神との恋-印象派の天敵が描き上げた神話的接吻の名場面
  • ドガ 夜明けのカフェ、不幸の居心地-カメラ・アイがとらえた都市恋愛のなれの果て
  • ダンテとベアトリーチェ 忘れ得ぬ女-詩聖が永遠の恋人を見たフィレンツェの街角
  • マネとモネ 妻の面影、日傘の恋-妻を亡くした画家が顔を描かなくなった理由
  • ルノワール 芸術と青春の聖地-動かぬ指に筆を縛りつけた老巨匠の初恋
  • ムンク 吸血鬼、暗黒の恋-死者と生きていた画家の性愛のトラウマ
  • カミーユ・クローデル 狂恋の門-ロダンと若き愛人の愛憎のスペクタクル
  • モンマルトルの夜会 ミューズの涙-破壊の王ピカソが創造の女神に出会う時
  • モンパルナスの娘 愛の墓碑銘-偽りのモディリアーニ伝説が正される時

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 恋愛偏愛美術館
著作者等 西岡 文彦
書名ヨミ レンアイ ヘンアイ ビジュツカン
シリーズ名 新潮文庫 に-25-2
出版元 新潮社
刊行年月 2015.9
ページ数 286p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-135542-9
NCID BB19430254
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22617005
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想