日本の山はすごい!

山と溪谷社 編

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」。山の日の意義を理解するには、まずは山の魅力を深く知ることから始めなければならない。身近すぎて気付きにくい山の魅力をもういちど見つめ直し、理解するための本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 外国人たちと日本の山(外国人が群がるパウダースノー
  • 豪雪都市の人気上昇中 ほか)
  • 第2章 なぜ日本人は山に登るのか(ヨーロッパからもたらされた山登り
  • 沢登りは日本独自の山登りスタイル ほか)
  • 第3章 日本人と山とのつきあい("山"って何?"森"って何?
  • すごかった鉱業大国、日本 ほか)
  • 第4章 多様性を育む日本列島(驚くべき日本列島の成り立ち
  • 日本の山をスゴくした日本の天候 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の山はすごい!
著作者等 山と渓谷社
山と溪谷社
書名ヨミ ニホン ノ ヤマ ワ スゴイ : ヤマ ノ ヒ ニ カンガエル ユタカ ナ コクド
書名別名 「山の日」に考える豊かな国土
シリーズ名 ヤマケイ新書 YS020
出版元 山と溪谷社
刊行年月 2015.8
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-635-51029-5
NCID BB19403568
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22620436
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想