意識と脳

スタニスラス・ドゥアンヌ [著] ; 高橋洋 訳

「科学者は、いかにしてこの心の要塞に侵入できるのだろうか」-認知神経科学の世界的研究者として数々の受賞歴を誇る俊英が、意識研究の最前線へのガイドツアーに読者を誘う。膨大な実験をもとに究極の問題に迫る、野心的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 思考の材料
  • 第1章 意識の実験
  • 第2章 無意識の深さを測る
  • 第3章 意識は何のためにあるのか?
  • 第4章 意識的思考のしるし
  • 第5章 意識を理論化する
  • 第6章 究極のテスト
  • 第7章 意識の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 意識と脳
著作者等 Dehaene, Stanislas
高橋 洋
ドゥアンヌ スタニスラス
書名ヨミ イシキ ト ノウ : シコウ ワ イカニ コードカ サレルカ
書名別名 CONSCIOUSNESS AND THE BRAIN

思考はいかにコード化されるか

Ishiki to no
出版元 紀伊國屋書店
刊行年月 2015.9
ページ数 469p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-314-01131-0
NCID BB19400774
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22642276
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想