初歩の統計力学を取り入れた熱力学

小野嘉之 著

統計力学によるミクロな解釈が熱力学の理解をさらに深める、現代的構成による基礎テキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 熱と温度とエントロピー
  • 2 熱力学と統計力学-エントロピーが意味するもの
  • 3 いろいろな自由エネルギーと熱力学関係式
  • 4 相互作用を取り入れた熱力学
  • 5 相転移の熱力学
  • 6 磁性体の熱力学
  • 7 ゆらぎと観測量
  • 熱力学・統計力学でよく用いる数学
  • 大数の法則と中心極限定理
  • 熱力学で用いる物理量の単位
  • スピンおよびスピン間相互作用について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 初歩の統計力学を取り入れた熱力学
著作者等 小野 嘉之
書名ヨミ ショホ ノ トウケイ リキガク オ トリイレタ ネツリキガク
シリーズ名 シリーズこれからの基礎物理学 / 鹿児島誠一, 米谷民明 編集 1
出版元 朝倉書店
刊行年月 2015.8
ページ数 206p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-254-13717-0
NCID BB19392825
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22637171
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想