「昭和天皇実録」と戦争

栗原俊雄 著

昭和天皇は特攻をどう考えていたのか。戦況は昭和天皇に正しく伝えられていたのか。「終戦の聖断」そのときの天皇は-「ハル・ノート」から「サイパン陥落」「戦艦大和の沈没」、戦後の「沖縄メッセージ」「戦争責任論」までを気鋭の記者が読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 『昭和天皇実録』とは何か
  • 第1章 『昭和天皇実録』にみる新発見
  • 第2章 太平洋戦争開戦まで
  • 第3章 太平洋戦争敗戦まで
  • 第4章 そぎ落とされた肉声
  • 第5章 戦後の動向をどう伝えたか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「昭和天皇実録」と戦争
著作者等 栗原 俊雄
書名ヨミ ショウワ テンノウ ジツロク ト センソウ
書名別名 Showa tenno jitsuroku to senso
出版元 山川出版社
刊行年月 2015.8
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-634-15090-4
NCID BB1938744X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22633423
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想