自分ひとりの部屋

ヴァージニア・ウルフ 著 ; 片山亜紀 訳

「もし、シェイクスピアに妹がいたなら…」"女性と小説"というテーマで講演を頼まれた語り手は、有名な兄のように、支援者も、模範とすべき先達も、お金も時間も、ひとりになれる部屋もないなか、ものを書こうとしてきた女性たちに思いをはせる-イギリスで男女平等の参政権が認められた一九二八年、ケンブリッジ大学の若き女子学生たちに向けた講演をもとに、物語の形をとりながら、女性の文学の歴史と未来への期待を見事に紡ぎ出したフェミニズム批評の古典。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自分ひとりの部屋
著作者等 Woolf, Virginia
片山 亜紀
ウルフ ヴァージニア
書名ヨミ ジブン ヒトリ ノ ヘヤ
書名別名 A Room of One's Own
シリーズ名 平凡社ライブラリー 831
出版元 平凡社
刊行年月 2015.8
ページ数 269p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-582-76831-2
NCID BB19376705
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22697941
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想