印刷という革命

アンドルー・ペティグリー 著 ; 桑木野幸司 訳

印刷本の誕生は西欧世界をどう変えたか-印刷業者から見た宗教改革や、本がアステカ征服に与えた影響、伝染病に悩むイタリアで流行したハウツー本…。書物を中心とする印刷物が政治・経済・宗教・科学・芸術に与えた影響をいきいきと描く、新しい文化史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 はじまり(印刷時代以前の書物
  • 印刷術の発明
  • ルネサンスとの危険な出会い-印刷術の危機)
  • 第2部 根づいてゆく印刷文化(書籍市場の形成
  • 本の町ヴィッテンベルク
  • ルターの遺産
  • ニュース速報のはじまり
  • 上品な娯楽
  • 学校にて)
  • 第3部 論争(論争文学
  • 秩序を求めて
  • 市場原理)
  • 第4部 新世界(自然科学と探検
  • 治療
  • 図書館をつくる
  • 言葉と街角)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 印刷という革命
著作者等 Pettegree, Andrew
桑木野 幸司
ペティグリー アンドルー
書名ヨミ インサツ ト イウ カクメイ : ルネサンス ノ ホン ト ニチジョウ セイカツ
書名別名 THE BOOK IN THE RENAISSANCE

ルネサンスの本と日常生活

Insatsu to iu kakumei
出版元 白水社
刊行年月 2015.8
ページ数 575,70p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-560-08443-4
NCID BB19374550
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22635173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想