悲しみを抱きしめて

西村匡史 [著]

3人の愛娘を失った夫妻の思い。慰霊を支えた元零戦乗りの村長。村一番の暴れん坊から「山守」に。遺族から慕われ続けた日航社員。遺族会をまとめあげた母の執念。事故直後に生まれた遺児の感概。新妻を失った男性の「それから」。あの遺書が自分を育ててくれた。真相究明を続けた事故調査委員。悲しむ人と寄り添う人の感動秘話…悲劇の事故から30年。深い悲しみの果てに遺族たちがつかんだ一筋の希望。感動秘話。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 もう一度、会いたい
  • 第2章 寄り添う人
  • 第3章 加害者側の良心
  • 第4章 遺族会-失われた命を活かす
  • 第5章 再起する遺族たち
  • 第6章 ある事故調査委員の回想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悲しみを抱きしめて
著作者等 西村 匡史
書名ヨミ カナシミ オ ダキシメテ : オスタカ ニッコウキ ツイラク ジコ ノ サンジュウネン
書名別名 御巣鷹・日航機墜落事故の30年

Kanashimi o dakishimete
シリーズ名 講談社+α新書 701-1A
出版元 講談社
刊行年月 2015.7
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-272905-5
NCID BB19370979
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22622882
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想