颶風の王

河﨑秋子 著

力が及ばぬ厳しい自然の中で馬が、人が、懸命に生きている-。明治の世。捨造は東北から新天地・北海道へ向かっていた。道中、捨造は童女のように生きる母からもらった紙切れを開く。それはいつもの、幼子が書いたようなものではなかった。雪崩で馬と遭難しながらも、その馬を食べて生き延び、腹の中の捨造の命を守りきった、母の壮絶な人生の記録だった。北海道の大地で羊を飼い、乳牛を育てながら小説を書き続ける、新人・河崎秋子が圧倒的なスケールでおくる三浦綾子文学賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 颶風の王
著作者等 河崎 秋子
河﨑 秋子
書名ヨミ グフウ ノ オウ
書名別名 Gufu no o
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2015.7
ページ数 244p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-102961-9
NCID BB1936504X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22610104
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想