変革の鍵としてのジェンダー

落合恵美子, 橘木俊詔 編著

社会をデザインするジェンダー視点。男女の性別役割を見つめ直し、明日の日本のあり方を選び取る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「第1の近代」と二項対立的ジェンダー秩序の形成(政治体制論から見た第1波フェミニズム-19世紀イギリスを素材として
  • 優しい父親・戦う男性-近代初期ドイツのジェンダー・階層・ナショナリズム
  • 関東大震災後の「女性の空間」-婦人会館建設運動を通して見る日本国家と市民社会 ほか)
  • 第2部 「第2の近代」と新たなジェンダー秩序の模索(女性たちのベーシック・インカム-福祉権フェミニズムの歴史と現在
  • フェミニズムとジェンダー政策の日独比較
  • 「家族の価値」が意味するもの-アメリカにおける同性婚訴訟 ほか)
  • 第3部 現代日本社会の変革とジェンダー(歴代首相の国会発言に見る「家族」と「女性」-「失われた20年」のイデオロギー的背景
  • 男女共同参画の実現に向けた女性の就労・生活支援策-エリート女性と恵まれない女性のどちらを優先するか
  • 最優先課題としての「子育て支援」-政策効果の統計分析 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 変革の鍵としてのジェンダー
著作者等 橘木 俊詔
落合 恵美子
書名ヨミ ヘンカク ノ カギ ト シテ ノ ジェンダー : レキシ セイサク ウンドウ
書名別名 歴史・政策・運動
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2015.8
ページ数 317p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-07385-6
NCID BB19347966
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22635803
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想