格闘者-前田日明の時代-  1青雲立志篇 (戦後史記列伝戦士第一前田日明1959~1983)

塩澤幸登 著

前田日明の両親が離婚し幸福な家庭が崩壊したのは彼が十三歳、中学二年のときだった。やがて母は別の男と再婚し父親も韓国で再婚する。ひとりぼっちの絶対的に孤独な生活のなか、少年は太宰治と三島由紀夫を耽読し、空手の腕を磨いて大阪の盛り場でケンカに明け暮れた。そして、絶望的な日々の果てにたどり着いたのがアントニオ猪木率いる過激な戦闘軍団「新日本プロレス」だった。前田は「オレはプロレスラーになりたいと思ったことなんか一度もなかった」という。本書では凶暴な破壊力を持ち「壊し屋」の異名をとった天才プロレスラーが伝説のレスラー、カール・ゴッチとの出会いをきっかけに、プロレスを脱皮し最強の戦士として「総合格闘技」へと覚醒していくプロセスを描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 大阪市港区南市岡
  • 原初の記憶、幼年時代
  • 城下町姫路へ
  • 両親の離婚
  • 大阪にもどる
  • 15の夏、あるいは絶対の孤独
  • 自殺未遂
  • ストリートファイター
  • 上京、新日本プロレス入団
  • トンパチと呼ばれて
  • カール・ゴッチとの出会い
  • イギリス遠征始末
  • 合衆国フロリダ州タンパ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 格闘者-前田日明の時代-
著作者等 塩澤 幸登
書名ヨミ カクトウシャ マエダ アキラ ノ ジダイ
巻冊次 1青雲立志篇 (戦後史記列伝戦士第一前田日明1959~1983)
出版元 茉莉花社 : 河出書房新社
刊行年月 2015.6
ページ数 550p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-309-92058-0
NCID BB19347434
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22602282
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想