「偶然」の統計学

デイヴィッド・J・ハンド 著 ; 松井信彦 訳

ロトで連続大当たり。2回連続で雷に打たれる。3大会連続でホールインワン達成。暗殺の夢を見たあとに暗殺されたリンカーン。10万年に1度しかないはずの金融危機…到底ありえないと思われ、実際に起こると新聞記事になるまれな出来事だ。しかし、統計学者に言わせると、こうした「ありえない」出来事は、じつはけっこう頻繁に起こっているという。どうしてそういうことになるのだろう-ハンド先生がそこの事情を"ありえなさの原理"の名のもとに、実例をふんだんに盛り込んで解説してくれます。統計的な考え方は直感では理解しにくいから、現代人必携のリテラシーとしてしっかり身に付けておきたいもの。奇跡なんてうさんくさい、あるいはカモられたくない・騙されたくないあなたに捧げる確率・統計解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 不可思議なこと
  • 気まぐれな宇宙
  • 偶然とは何か?
  • 不可避の法則
  • 超大数の法則
  • 選択の法則
  • 確率てこの法則
  • 近いは同じの法則
  • 人間の思考
  • 生命、宇宙、その他もろもろ
  • ありえなさの原理の活かし方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「偶然」の統計学
著作者等 Hand, D. J.
Hand, David J.
松井 信彦
ハンド デイヴィッド・J.
書名ヨミ グウゼン ノ トウケイガク
書名別名 THE IMPROBABILITY PRINCIPLE
出版元 早川書房
刊行年月 2015.8
ページ数 318p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-15-209560-2
NCID BB19347365
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22636846
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想