満州事変はなぜ起きたのか

筒井清忠 著

中国の老獪、欧米の野心、国民の熱狂-息づまるドラマを明らかに。最新研究をもとに満州事変への道をとらえ直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日露戦争直後の米中との関係と「大衆」の登場
  • 第一次大戦期の日中関係(対華21カ条要求問題)
  • 中国国内政治と日本(陸軍)
  • 日中間の人的交流の拡大
  • 日中間のトラブル=抗議・暴行事件・日貨排斥運動
  • 日露戦争後の日米関係
  • ワシントン会議(1921〜22)
  • 排日移民法(1924)
  • 国権回収運動(1923年以降)
  • 国共合作、5・30事件(1925)
  • 北伐(1926)、南京事件(1927)
  • 済南事件(1928)
  • 張作霖爆殺事件(1928)
  • 中ソ戦争(1929)
  • 「ワシントン会議の精神」と中国(関税・不平等条約問題)
  • 済南事件解決交渉に見る日中関係調整の困難性
  • 日貨排斥運動の実態
  • 長沙暴動
  • 満州事変直前
  • 結びに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 満州事変はなぜ起きたのか
著作者等 筒井 清忠
書名ヨミ マンシュウ ジヘン ワ ナゼ オキタ ノカ
シリーズ名 中公選書 022
出版元 中央公論新社
刊行年月 2015.8
ページ数 205p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-12-110022-1
NCID BB19334319
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22630978
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想