満映とわたし

岸富美子, 石井妙子 著

甘粕正彦が君臨し、李香蘭が花開いた国策映画会社・満洲映画協会-戦後70年、初めて明かされる満映崩壊後の真実。映画編集者・岸富美子95歳、最後の証言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 出会い
  • 映画界に引き寄せられた兄たち
  • 第一映画社-伊藤大輔と溝口健二
  • 『新しき土』と女性編集者アリスさん
  • 満映入社、中国へ
  • 甘粕理事長と満映の日々
  • 玉砕直前の結婚式
  • 甘粕自決、ソ連軍侵攻
  • 国共内戦の最中、鶴崗へ
  • 「学習会」と「精簡」
  • 映画人、炭鉱で働く
  • 北朝鮮からの誘い
  • 国民的映画『白毛女』
  • 日中の狭間で育てた弟子たち
  • 十四年ぶりの祖国へ
  • 日中満映社員たちの戦後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 満映とわたし
著作者等 岸 富美子
石井 妙子
書名ヨミ マンエイ ト ワタシ
出版元 文藝春秋
刊行年月 2015.8
ページ数 311p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-16-390314-9
NCID BB19329793
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22631137
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想