光と重力ニュートンとアインシュタインが考えたこと

小山慶太 著

1665年、ペストの流行で閉鎖された大学を去り、孤独の中で次々と大発見を成し遂げたニュートン。それから240年後、特許庁で働きながらひとりで特殊相対性理論を作り上げたアインシュタイン。ともに孤独を愛し、研究に没頭することを好んだ二人の天才をとらえたテーマ「光」と「重力」を通して、彼らの思考にせまります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 奇跡の年-天才性の爆発(エリザベス女王の嘆き
  • ニュートンの回想 ほか)
  • 第2章 光-天才を捉えしもの(プリズムを手にしたニュートン像
  • 光の変容説 ほか)
  • 第3章 重力-統一への指向(カントとコペルニクス
  • 地動説は天動説の相似形 ほか)
  • 第4章 近代物理学の発展-ニュートンの遺産(ニュートンが示した扁平な地球の形
  • 地球測量の大冒険 ほか)
  • 第5章 現代物理学の発展-アインシュタインの遺産(パラパラ動画「少年と原子」
  • 電子顕微鏡による原子の撮影 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 光と重力ニュートンとアインシュタインが考えたこと
著作者等 小山 慶太
書名ヨミ ヒカリ ト ジュウリョク ニュートン ト アインシュタイン ガ カンガエタ コト : イッパン ソウタイセイ リロン トワ ナニカ
書名別名 一般相対性理論とは何か
シリーズ名 ブルーバックス B-1930
出版元 講談社
刊行年月 2015.8
ページ数 294p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257930-8
NCID BB19314730
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22638563
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想