数学の考え方

矢野健太郎 [著]

数学には人類の長いあいだの経験が集積されている。数学の歴史は私たちの思想の歴史にほかならない。細かい計算や技巧の歴史としてではなく、ものの見方、考え方の歴史としてその道程を振り返るとき、目のまえには見たことのない数学の「風景」が広がるだろう。数を数えることから現代数学までを鮮やかにつなぐ、数学入門の金字塔。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 歴史が始まるまえの数学
  • 第2章 古代の数学
  • 第3章 数学の歩み
  • 第4章 十七世紀の数学
  • 第5章 トポロジー
  • 第6章 集合
  • 第7章 確率
  • おわりに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数学の考え方
著作者等 矢野 健太郎
書名ヨミ スウガク ノ カンガエカタ
書名別名 Sugaku no kangaekata
シリーズ名 講談社学術文庫 2315
出版元 講談社
刊行年月 2015.8
ページ数 298p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292315-6
NCID BB19295658
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22612556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想