ルベグ積分入門

吉田洋一 著

ルベグ(ルベーグ)積分は20世紀初頭に登場したまったく新しい概念である。従来のリーマン積分ではどこに問題があったのか、そしてルベグ積分を定式化するにはどんな基礎概念が必要になるのか。リーマン積分では扱いきれない関数の「反例」のほか、点集合論や測度論などの予備知識を紹介しつつ、丁寧に定理を証明していく。著者は『零の発見』で知られる名文家でもある。本書においても筆さばきは明快そのもので、叙述はまったく古びるところがない。名著のほまれ高い教科書がここによみがえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序説
  • 2 実数・点集合・函数
  • 3 ルベグ測度
  • 4 可測函数
  • 5 ルベグ積分
  • 6 微分法と積分法
  • 7 多変数の函数の積分
  • 8 測度空間
  • 9 測度空間における集合函数
  • 10 直積測度空間とFubiniの定理
  • 付録 反例そのほか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルベグ積分入門
著作者等 吉田 洋一
書名ヨミ ルベグ セキブン ニュウモン
シリーズ名 Math & Science ヨ13-2
ちくま学芸文庫 ヨ13-2
出版元 筑摩書房
刊行年月 2015.8
ページ数 371p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09685-2
NCID BB19280934
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22641718
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想