無学問のすすめ

伊東祐吏 著

「学問」って、そんなに必要?やるとバカになるんじゃないの?原発事故が起こって発言をし始めた知識人はみんな興奮しているだけじゃないの?本書は、吉本隆明、福沢諭吉、小林秀雄、江藤淳、池上彰、養老孟司、内田樹、三島由紀夫、アーレントなど、さまざまな知識人の著作を俎上に載せ、誰もが薄々気づきながらも言えなかったことに切り込んでいく。学問は使っても、使わなくてもいい。自分の身体の声を聞き、自分の頭で考える「素人」たれ!「学問」から「無学問」へ。いま読まれるべき、新しい思想がここにある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 学問を知って、学問を捨てよ(学問の正体
  • 考える競技
  • 学問の罠)
  • 第2章 言葉は正しいが、ニセモノである(言葉を疑う
  • 脳と内臓
  • 言葉と身体)
  • 第3章 思想とは、勃起する知性である(震災・戦争・明治維新
  • 思想の真実
  • 勃起の系譜)
  • 知の奴隷にならないために(知識・教養のウソ
  • 吉本隆明の「非知」
  • 本物の「知」を探して)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 無学問のすすめ
著作者等 伊東 祐吏
書名ヨミ ムガクモン ノ ススメ : ジブン ノ アタマ デ カンガエル シソウ ニュウモン
書名別名 自分の頭で考える思想入門
シリーズ名 ちくま新書 1139
出版元 筑摩書房
刊行年月 2015.8
ページ数 236p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06846-0
NCID BB19231597
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22643385
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想