鏡映反転

高野陽太郎 著

なぜ鏡の中では"左右"が反対に見えるのか?-一見、かんたんな問題のようで、実はプラトンの昔から、数多くの哲学者や物理学者の挑戦を退けてきた。しかも、常に「左右が反対に見える」わけではない。誰もが知っている現象なのに、2000年以上も謎でありつづけたこの難問を、科学的な分析と実験によって解決する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 鏡の中のミステリー(鏡映反転
  • 即席の説明 ほか)
  • 第2章 さまざまな説明(移動方法説
  • 左右対称説 ほか)
  • 第3章 鏡映反転を説明する(さまざまな鏡像
  • 手がかり ほか)
  • 第4章 説明を検証する(実験のあらまし
  • 「視点反転」対「表象反転」 ほか)
  • 第5章 理解を深める(表象反転
  • 視点反転 ほか)
  • 第6章 他説を反証する(「鏡像と重なる」という説明
  • 物理的回転説 ほか)
  • 第7章 科学的解決と社会的解決

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鏡映反転
著作者等 高野 陽太郎
書名ヨミ キョウエイ ハンテン : キゲンゼン カラ ノ ナンモン オ トク
書名別名 紀元前からの難問を解く
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.7
ページ数 233,5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-005248-1
NCID BB19223395
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22630624
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想