戦没者合祀と靖国神社

赤澤史朗 著

近代日本における対外戦争の戦没者を主な祭神とする靖国神社だが、その全員は祀られていない。誰を祭神として祀り、誰を祀らないのかは時代により揺れ動く。国家補償とのズレにも触れつつ、合祀基準の変遷を追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 近代日本における戦没者の合祀-明治初年からアジア太平洋戦争の終了まで(東京招魂社から靖国神社へ
  • 日清戦争から日露戦後へ
  • 第一次世界大戦から満洲事変へ
  • 日中全面戦争から敗戦まで-総動員体制)
  • 2 第二次世界大戦後の戦没者の合祀(敗戦直後の合祀問題
  • 講和独立後の大量合祀)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦没者合祀と靖国神社
著作者等 赤沢 史朗
赤澤 史朗
書名ヨミ センボツシャ ゴウシ ト ヤスクニ ジンジャ
書名別名 Senbotsusha goshi to yasukuni jinja
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2015.8
ページ数 220p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-08282-2
NCID BB19217086
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22626999
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想