安倍首相の「歴史観」を問う

保阪正康 著

「軍服を着た首相」への危惧。安倍首相はかつての軍事指導者に酷似している。-現代史研究の第一人者が、戦争と統制に突き進む現政権と、日本社会にはびこる歴史修正主義に根源からの異議を申し立てる。いまこそ昭和史の教訓を活かさなければならない。慰安婦問題を「戦場と性」という視点から再考する瞠目の書き下ろしも収録!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 謙虚に史実と向き合うということ-戦後七十年と安倍政権の歴史観
  • 第2章 戦後民主主義の崩壊の中で-「戦時体制」にどう抗うべきか
  • 第3章 昭和史のかたち-歴史の教訓から現在を解読する
  • 第4章 慰安婦問題試論-「軍隊と性」をめぐる歴史的検証について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 安倍首相の「歴史観」を問う
著作者等 保阪 正康
書名ヨミ アベ シュショウ ノ レキシカン オ トウ
出版元 講談社
刊行年月 2015.7
ページ数 270p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-219608-6
NCID BB19214281
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22626276
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想