ルベーグ積分

岩田耕一郎 著

しくみと使い方がよくわかる。ルベーグ積分で積分するとはどういうことか。実際の計算や応用にどのように役立つのか。それを支える理論がどのように成り立っているのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ルベーグが考えた積分
  • 第2章 積分の定義と性質
  • 第3章 測度0の集合
  • 第4章 1次元ルベーグ積分
  • 第5章 ルベーグ測度の構成
  • 第6章 測度の一意性と直積測度
  • 第7章 フビニの定理
  • 第8章 フーリエ級数とフーリエ変換
  • 第9章 符号付き測度と部分積分
  • 付録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルベーグ積分
著作者等 岩田 耕一郎
書名ヨミ ルベーグ セキブン : リロン ト ケイサン シュホウ
書名別名 理論と計算手法
出版元 森北
刊行年月 2015.7
ページ数 244p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-627-05431-8
NCID BB19177662
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22627821
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想