統計はウソをつく

モルテン・イェルウェン 著 ; 渡辺景子 訳

数字やデータは客観的なものであって、決して主観的なものではないはずだ。ましてや国際機関が使用する数字であれば…。世界銀行やIMFが使用するデータが経済の実態をまったく反映していなかったという衝撃の事実があきらかにされる迫真のドキュメント!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 私たちはアフリカの所得と成長について何を知っているのか(国民経済計算とは何か
  • アフリカの国民経済計算-主な問題点 ほか)
  • 第2章 アフリカの富と発展を測定する(植民地の実験
  • 実際の開発 ほか)
  • 第3章 事実、仮定、そして論争-データセットから学ぶこと(ナイジェリア-人口を数える
  • ナイジェリア-作物を数える ほか)
  • 第4章 開発のためのデータ-アフリカ統計の利用と改善(データの質は政策決定者にとって問題なのか
  • 政策サークルの中での統計局 ほか)
  • 結論 数字による開発(GDPとその他の数字
  • 成長に関連するもの-他の数字による開発 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 統計はウソをつく
著作者等 Jerven, Morten
渡辺 景子
イェルウェン モルテン
書名ヨミ トウケイ ワ ウソ オ ツク : アフリカ カイハツ トウケイ ニ カクサレタ シンジツ ト ゲンジツ
書名別名 POOR NUMBERS

アフリカ開発統計に隠された真実と現実
出版元 青土社
刊行年月 2015.8
ページ数 283,19p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6874-5
NCID BB19137464
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22622855
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想