岩波新書で「戦後」をよむ

小森陽一, 成田龍一, 本田由紀 著

戦争が終結して七〇年、日本の何が変わり、何が変わらなかったのか。戦後の知は何を問うてきたのか。時代の経験と「空気」が深く刻み込まれた二一冊の岩波新書を、文学者・歴史学者・社会学者が読み解くことで、今を生きる私たちにとっての「戦後」の意味を塗り替えていく。現在と歴史の往還の中で交わされた徹底討議!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 一九四五〜一九五五年-敗戦と復興
  • 第2章 一九五五〜一九六五年-熱い政治と静かな生活
  • 第3章 一九六五〜一九七五年-高度成長の足もとで
  • 第4章 一九七五〜一九八五年-経済大国と消費社会
  • 第5章 一九八五〜一九九五年-バブル・昭和・冷戦の終わり
  • 第6章 一九九五〜二〇〇五年-失われた一〇年と「テロとの戦争」
  • 第7章 二〇〇五〜二〇一五年-模索の時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岩波新書で「戦後」をよむ
著作者等 小森 陽一
成田 竜一
本田 由紀
書名ヨミ イワナミ シンショ デ センゴ オ ヨム
シリーズ名 岩波新書 新赤版 別冊11
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.7
ページ数 277p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-439011-4
NCID BB19107146
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22635112
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想