プラトンとの哲学

納富信留 著

ソクラテスを中心に、数々の登場人物が言葉を交わし、思索を深めていくプラトンの対話篇。「君はこの問いにどう答えるか?」。作品の背後から、プラトンが語りかけてくる。『ソクラテスの弁明』『国家』『饗宴』などの代表作品を読み考えながら、永遠の問いと対峙する。二千年の時を超え、いまも息づく哲学の世界へ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 プラトンとの対話
  • 第1章 生の逆転-『ゴルギアス』
  • 第2章 魂の配慮-『ソクラテスの弁明』
  • 第3章 言葉の中での探求-『パイドン』
  • 行動する哲学者-『第七書簡』
  • 第4章 愛の力-『饗宴』
  • 第5章 理想への変容-『ポリテイア』
  • 第6章 宇宙の想像力-『ティマイオス』
  • 第7章 哲学者とその影-『ソフィスト』
  • 終章 プラトンは何を語りかけるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プラトンとの哲学
著作者等 納富 信留
書名ヨミ プラトン トノ テツガク : タイワヘン オ ヨム
書名別名 対話篇をよむ

Puraton tono tetsugaku
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1556
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.7
ページ数 243p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431556-8
NCID BB19104498
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22631362
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想