ルポにっぽんのごみ

杉本裕明 著

日本のごみは年間約四億二〇〇〇万トン。分別収集やリサイクルが奨励され、最新型の焼却炉は環境に配慮されるようになっている。しかし日々の「ごみの行方」はどうなっているのか。最先端のリサイクル施設、不法投棄の現場、海を渡った中古品、関連法施行の背景、拡大するリユース事情などを長年取材を重ねてきた著者が活写。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 にっぽんのごみ
  • 第1章 ごみはどこに行っているのか?
  • 第2章 リサイクル大国の真実
  • 第3章 市民権を得て拡大するリユース
  • 第4章 ごみ事情最先端
  • 第5章 循環型社会と「3R」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルポにっぽんのごみ
著作者等 杉本 裕明
書名ヨミ ルポ ニッポン ノ ゴミ
書名別名 Rupo nippon no gomi
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1555
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.7
ページ数 247,3p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431555-1
NCID BB19103611
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22631351
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想