会社法入門

神田秀樹 著

「会社法」が制定された二〇〇五年以降、リーマンショックを経て、市場と企業はどのような方向に進んできたのか。法の対応は?条文からだけでは捉えにくい「会社法」のポイントをコンパクトに解説。二〇一四年改正や、上場企業向け「コーポレートガバナンス・コード」策定など、最新の動向も反映する。この一冊でわかる!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「会社法」とは何か(世界に広がる「株式会社」
  • 二〇〇五年の「会社法」制定 ほか)
  • 第2章 株式会社の機関(なぜ法は株式会社に機関を要求するのか
  • 株主総会とは何か ほか)
  • 第3章 株式会社の資金調達(利害調整法としての会社法
  • 株式と資金調達 ほか)
  • 第4章 設立、組織再編、事業再生(株式会社を設立するには
  • 自由度を増した組織再編 ほか)
  • 第5章 会社法のゆくえ(コーポレートガバナンス・コードの衝撃
  • 世界金融危機と金融商品取引法の毎年改正 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 会社法入門
著作者等 神田 秀樹
書名ヨミ カイシャホウ ニュウモン
書名別名 Kaishaho nyumon
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1554
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.7
版表示 新版
ページ数 236p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431554-4
NCID BB19103225
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22607195
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想