赦すこと

ジャック・デリダ 著 ; 守中高明 訳

デリダの晩年の問題系のひとつでもあった"赦し"の可能性=不可能性のアポリアを緻密に展開した論考。ユダヤ教・キリスト教・イスラーム教をめぐる現代世界の錯綜する宗教紛争やイデオロギーの争いのなかで、ジャンケレヴィッチの議論やハイデガーのナチズム加担の問題を軸に、赦し得ない罪をそれでも赦し得るのかという究極の問いを論じ抜く。訳者の力作解説付き。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 赦すこと
著作者等 Derrida, Jacques
守中 高明
デリダ ジャック
書名ヨミ ユルス コト : ユルシエヌ モノ ト ジコウ ニ カカリエヌ モノ
書名別名 Pardonner

赦し得ぬものと時効にかかり得ぬもの
シリーズ名 ポイエーシス叢書 63
出版元 未來社
刊行年月 2015.7
ページ数 140p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-624-93263-3
NCID BB19098624
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22619005
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想