「昔はよかった」病

パオロ・マッツァリーノ 著

「昔はよかったね」-日本人はそう言って今を嘆き、過去を懐かしむばかりだ。昔は安全だったのに、子どもは元気だったのに、地域の絆があったのに、みな勤勉だったのに…。しかしそれは間違いだ。捏造された追憶、あるいは新しいものを否定する年長者のボヤキにすぎない。資料を丹念に分析し、シニカルな視点で通説を次々ひっくり返す。「昔はよかった」病への特効薬となる大胆不敵の日本論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ありがた迷惑、火の用心
  • 治安のいい日本で暮らせてよかった〜!
  • 長くて短いクレーマーの歴史
  • そうだ、長者に聞こう。
  • コーラとウーロン茶
  • まちがいだらけの自警団
  • きれいなおねえさんは、好きですか?
  • 安全・安心ウォーZ
  • ハイテンションな元気をもらいました!
  • 熱中症時代 戦前編
  • ありのままの敬老の日
  • ウザい絆とキモいふれあい
  • 注文の多いブラック商店街

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「昔はよかった」病
著作者等 Mazzarino, Paolo
パオロ・マッツァリーノ
マッツァリーノ パオロ
書名ヨミ ムカシ ワ ヨカッタビョウ
書名別名 Mukashi wa yokattabyo
シリーズ名 新潮新書 626
出版元 新潮社
刊行年月 2015.7
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610626-2
NCID BB19092559
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22619744
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想