英語教科書は〈戦争〉をどう教えてきたか

江利川春雄 著

英語教科書は若者を戦地に送った。戦後70年、初めて明かされる"戦争"教材の真実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 戦前の英語教科書を求めて(探し求めて30年
  • 資料批判の必要性 ほか)
  • 第1章 文明開化と西洋中心主義(戦争と人種差別
  • 『ミッチェル地理書』の文明5段階説 ほか)
  • 第2章 日清・日露戦争と「国民」の形成(戦争に明け暮れた近代日本
  • 日清戦争 ほか)
  • 第3章 第一次世界大戦と日本の大国化(史上初の世界戦争
  • 大戦初期は戦争を鼓舞 ほか)
  • 第4章 アジア・太平洋戦争と軍国日本(経済不況と貧困
  • 「満州国」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英語教科書は〈戦争〉をどう教えてきたか
著作者等 江利川 春雄
書名ヨミ エイゴ キョウカショ ワ センソウ オ ドウ オシエテ キタカ
書名別名 Eigo kyokasho wa senso o do oshiete kitaka
出版元 研究社
刊行年月 2015.7
ページ数 220p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-327-41091-9
NCID BB19087763
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22619803
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想