戦後70年日本転覆思想史

小滝透 著

敗戦直後の日本共産党から全共闘・三島由紀夫・赤軍派、オウム教から「いつのまにかイスラム国」戦争まで、日本を「ひっかりかえす」試みを辿る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 二人のヴェルト・ガイスト(世界精神)-三島由紀夫と高橋和巳
  • 第2章 国民国家(ネイション・ステイト)の誕生
  • 第3章 国家改造を目指して
  • 第4章 戦後の軌跡
  • 第5章 豊穣の叛乱
  • 第6章 民族派(新右翼)の軌跡
  • 第7章 アメリカとイスラームと中国と
  • 第8章 闘争継続
  • 第9章 滅びの中で
  • 第10章 「パラダイムの転換」と「文明の衝突」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後70年日本転覆思想史
著作者等 小滝 透
書名ヨミ センゴ ナナジュウネン ニホン テンプク シソウシ : ミギ カラ ヒダリ カラ チュウシン カラ
書名別名 右から左から中心から

Sengo nanajunen nihon tenpuku shisoshi
出版元 第三書館
刊行年月 2015.6
ページ数 530p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8074-1530-4
NCID BB19087049
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22670981
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想