世代を超えて語り継ぎたい戦争文学

澤地久枝, 佐高信 著

五味川純平『人間の條件』『戦争と人間』、大岡昇平『俘虜記』『レイテ戦記』、高杉一郎『極光のかげに』、原民喜『夏の花』…。自らの体験をえぐり出す痛みに耐えつつ、文学を志す者としての業苦と責任をかかえ、戦争を描いた文学者たち。今こそ伝えたい、その思い。埋もれんとする文学に新たな光をあてる、若い人のための「戦争文学案内」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 五味川純平の章
  • 鶴彬の章
  • 高杉一郎の章
  • 原民喜の章
  • 大岡昇平の章
  • 幸田文の章
  • 城山三郎の章
  • 取り上げたかった作家たちの章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世代を超えて語り継ぎたい戦争文学
著作者等 佐高 信
沢地 久枝
書名ヨミ セダイ オ コエテ カタリツギタイ センソウ ブンガク
書名別名 Sedai o koete kataritsugitai senso bungaku
シリーズ名 文芸 267
岩波現代文庫 267
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.7
ページ数 278,8p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-602267-9
NCID BB19071129
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22631911
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想