糖尿病治療のニューパラダイム  別巻

加来浩平 編集委員長

[目次]

  • 総論(SGLT2阻害薬の作用・作用機序と適応・禁忌
  • SGLT2阻害薬の臨床的有効性(糖代謝改善効果・体重減少効果の観点より
  • 心血管合併症危険因子抑制効果(血圧、脂質、尿酸、蛋白尿減少など)の観点より)
  • 臨床使用上の位置付けと実践・応用)
  • 各論(SGLT2阻害薬の安全性についての概要と対応
  • 皮膚症状の特徴、予防と対応
  • 尿路・性器感染症の特徴、予防と対応)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 糖尿病治療のニューパラダイム
著作者等 加来 浩平
宇都宮 一典
松田 昌文
綿田 裕孝
池上 博司
書名ヨミ トウニョウビョウ チリョウ ノ ニュー パラダイム
書名別名 SGLT2阻害薬の使用指針 : 市販後の実臨床から適正使用を考える
巻冊次 別巻
出版元 医薬ジャーナル社
刊行年月 2015.7
ページ数 99p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7532-2747-1
NCID BB19067686
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22604512
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
SGLT2阻害薬の使用指針 : 市販後の実臨床から適正使用を考える 宇都宮一典 編集委員, 松田昌文, 池上博司, 綿田裕孝
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想