謎解き・津波と波浪の物理

保坂直紀 著

広大な海をわたる波には、2つの種類がある。「海底を感じる波」と、「海底を感じない波」だ。時速700kmもの猛スピードで進む津波は、つねに海底を感じている。南極近海で生まれ、アメリカ西海岸へと到達する「うねり」は、海底を感じることなく1万kmもの長旅をこなす。波が海底を感じるとはどういうことか?波のふるまいを左右する「波長」と「水深」のフクザツな関係とは?身近なふしぎ現象を、数式なしでわかりやすく解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 波、それは風の便り-波の誕生(はじまりはさざ波から
  • 「波浪」と「津波」
  • どう生まれ、どう育つか
  • 「波の科学」の基本的な考え方)
  • 第2章 波とはなにか-複雑な現象をシンプルに理解する(「波」の基本を押さえる
  • 「水面の波」はなぜ伝わるか
  • 複雑な海の波をどう攻略するか)
  • 第3章 風が起こす波-風波のふしぎな世界(「水の動き」を分解する
  • 波と水深の「深い関係」-そこに「底」はあるか?
  • 速い波、遅い波-そして波は止まれない
  • 「波の群れ」には謎がいっぱい
  • 波の最期-砕けて終えるその生涯
  • 静かな海にも大きな波が!)
  • 第4章 波津の物理学-「海底を感じる」長波のふしぎ(三陸を襲った巨大津波の謎
  • 津波を科学する考え方
  • 「海底を強く感じる波」ならではの現象
  • 津波はなぜ「水の壁」へと変貌するのか
  • 「海底を感じる波」の奇妙なふるまい)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 謎解き・津波と波浪の物理
著作者等 保坂 直紀
書名ヨミ ナゾトキ ツナミ ト ハロウ ノ ブツリ : ハチョウ ト スイシン ノ フシギ ナ カンケイ
書名別名 波長と水深のふしぎな関係
シリーズ名 ブルーバックス B-1924
出版元 講談社
刊行年月 2015.7
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257924-7
NCID BB19065840
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22619436
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想