水木しげるの古代出雲

水木しげる [著]

鳥取県境港に育った水木しげるは幼いころ、島根半島の日本海側によく出かけていた。神々が住まう島根県沖に浮かぶ隠岐の島は、水木しげるの実家・武良家のルーツでもある。長じてからは古代出雲族とおぼしき青年がいく度となく夢枕に立ち、自分たちの無念を訴えかけてきた。出雲神話に秘められた壮大な謎に迫る、水木版・古代出雲史!はたして『古事記』に描かれた「国譲り」の真の姿とは。巻末には番外編を特別収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 天地創世
  • 第2章 アマテラスとスサノオ
  • 第3章 出雲神話
  • 第4章 オオクニヌシの試練
  • 第5章 スクナビコナとオオモノヌシ
  • 第6章 アメノヒボコ襲来
  • 第7章 国譲り
  • 第8章 謎の出雲青年
  • 第9章 出雲大社造営
  • 水木しげるの古代出雲 番外編
  • 妖怪人類学フィールドワーク 美保関

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水木しげるの古代出雲
著作者等 水木 しげる
書名ヨミ ミズキ シゲル ノ コダイ イズモ
シリーズ名 角川文庫 み18-64
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2015.6
ページ数 317p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-103007-3
NCID BB19059757
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22587863
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想