オオカミがいないと、なぜウサギが滅びるのか

山田健 著

生態系ピラミッドが教えてくれる日本の未来。サントリー「天然水の森」プロジェクトリーダーが日本の森林、農業、都市での土壌の大切さを説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生き物の世界は必ずピラミッド型になる(ノアの箱舟
  • ピラミッドの底辺には、土壌がある ほか)
  • 第2章 ピラミッドの基盤である「土壌」に、もう一度注目しよう(過去の文明は、土壌の豊かさを利用して勃興し、土壌を略奪し尽くして滅亡した
  • 緑の革命の功罪 ほか)
  • 第3章 いま、日本の森の土壌は、どうなっているのか(森は水の故郷
  • 日本の森は、意外にあぶない ほか)
  • 第4章 身近な環境に、生物多様性を取り戻すために(生物多様性の本当の意味とは
  • クイズ。人類を利用して増えた動植物がいる。さて、なんだろう? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オオカミがいないと、なぜウサギが滅びるのか
著作者等 山田 健
書名ヨミ オオカミ ガ イナイ ト ナゼ ウサギ ガ ホロビル ノカ
シリーズ名 知のトレッキング叢書
出版元 集英社インターナショナル : 集英社
刊行年月 2015.6
ページ数 189p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7976-7302-9
NCID BB19050355
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22612853
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想